結婚ついて

 日本国憲法第24条1項は「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」と規定されています。
結婚は、社会的に承認された終生にわたる永続的な一定の共同体を創設することを目的とする契約であるという概念の元
日本においては婚姻適齢は男性は18歳以上、女性は16歳以上であるとこれも定められています。

 日本において実際の結婚適齢期とは、何歳ぐらいなのでしょうか。
結婚適齢期とは、男女が結婚するのに適切とされる年齢範囲を意味する言葉のようで、社会的通念上「一般的な」という言葉で表現されますが、大まかには 男性25歳(大卒後就職して2年)・女性23歳(短大卒後就職して2年)くらいから30歳頃までを指すのかもしれませんが、あくまでも大まかな言い方であり、現実としては30歳での独身割合が男性では50%を上回っているともいいます。

 古くはお見合い制度や近所や親戚の方のご紹介という形で、男女が知り合うきっかけのひとつとなっていたものが、現在においては男女が知り合うきっかけ自体の少なさが、結婚年齢の高齢化要因につながっているのかも知れません。

本サイト【Bochi Kon】について

サンプル画像

婚活リンクの**Bochi Kon**では出会いが少ない男女に「キッカケ」を提供されているサイトのご紹介。
そしてことが進み「結婚」となったときの式場や引き出物の検索。
また、プロポーズや○○婚式に相手に贈るプレゼントのご紹介までおこなっております。

言葉あれこれ

サンプル画像

婚活とは


婚活いわゆる結婚活動とは、結婚するために必要な行動で、就職活動(就活)に見立てて社会学者、山田昌弘さんが考案、提唱した造語だそうです。 言葉が初めて世に出たのは、『AERA』2007年11月5日号らしい。

サンプル画像

結納とは


婚姻により両家が親類(親族)となり「結」びつくことを祝い、贈り物を「納」め合う儀式。一般的には新郎家から、新婦家へ、結納の品を納めます。本来は帯や着物地などに縁起物を添えて贈ります、現代では帯や着物の代わりに金子包み(結納金)を贈るように変ってきています。

管理人からのお願い

掲載しいるものに関して、無断での引用はやめてね。


いろいろな写真や文章もありますが、勝手に持ってかえらないでね。

当サイトはリンクフリーなので、よろしくお願いします。もし相互リンクご希望の際はお便りください。

Cosmos-Link

スポンサードリンク

スポンサードリンク

このページのトップへ
Ads by Sitemix